読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久々にボカロ聴きたい気分なのにどこから手を付けたらいいかわからない人に贈る2016年上半期10選

こんばんは、ボカロ廃です。

 

タイトルのとおりです。

が、今回は趣味120%です!200%です!

それではどうぞ!

 

 

花瓶に触れた/flower

大百科

  • バルーン(2013~)
  • 使用ボカロのv flowerは2014年夏発売。懐かしさ、寂しさを感じさせる独特な声。
  • 言葉に出来ない胸中がそのままメロディーになったような、切ないVOCAROCK。
  • 「帰りたいと思った 君は手を握った その振動は確かに 花瓶に触れた」

 

 

初音ミク】ダイブ!!【オリジナル曲】

大百科

  • さまぐら(2015~)
  • サムネで抱く印象のとおりの爽快なVOCAROCK、手を伸ばした先の果てしなさ。
  • 初音ミクの調声が、海面を通して射す太陽の光のように揺れる。
  • 「次の息継ぎで どこまで行けるか 試してみようか」

 

 

KAITOお誕生会遅刻RAP】Funk beat≠Junk beat/nyanyannya feat.KAITO

  • nyanyannya(2011~)
  • ドクター=ファンクビートのセルフアレンジ。KAITOさん10周年おめでとう!
  • エレクトロスウィング最高すぎるのでほんとに聴いてください……
  • 聴いていると体が揺れる。どこか狂気が滲むようで、とびっきり!楽しい曲。

 

 

カルデネ / 初音ミク

  • はるまきごはん(2014~)
  • 音楽に圧倒されて、屈服させられる。飲み込まれるVOCAROCK。
  • 波紋を広げるギターが、宇宙を連想させるように冷え切っている。
  •  「カルデネの前の景色を 誰が見たというのさ 目の前に居る あの子の 虹彩を呑み込んだ」

 

フリーはフリーダム

  • 円盤P(2010~)
  • ”今”の、”現在”のボーカロイドイメージソング。ボーカロイドは自由なのだ!
  • ミクが可愛く歌い上げるミックホップ。こんな音楽があるのかと驚いてほしい。
  • 「自由!自由!自由!自由!自由!」

 

 

バッド・ダンス・ホール(ver.鏡音リン)/カラスヤサボウ

  • カラスヤサボウ(2010~)
  • 手を、足を鳴らして、頭を振りたくなるVOCAROCK。高音の心地よさ。
  • すさまじい解放感、聴き終わるといつもため息が出る。楽しい音楽。
  • 「そうさ バッドダンスホールへ飛び込んで 今 デッドエンドコースを抜け出して」

 

 

VOCALOID Fukase】蘇州恋慕(そうしゅうれんぼ)【オリジナル】

  • みきとP(2010~)
  • 使用ボカロのFukaseは2016年初冬発売。セカオワボーカロイド、と話題に。
  • いーあるふぁんくらぶとはまた系統が違う中華曲。溢れる異国情緒。
  • 個人的に、どのFukase曲よりも可能性を感じたし、声に惚れ込みました。
  • 「ねえこんなに好きだと 夜明け前にちゃんと気づいたよ」

 

 

【MV】SPELL OF RAINY WEATHER【初音ミク

  • 蜂屋ななし(2014~)
  • おもちゃ箱の中に飛び込んだ音、空気を含んでいっぱいに吐き出した声。
  • ファンタジーで童話らしい世界観。泣きたくなる懐かしさ。胸が詰まります。
  • 「温もりを感じて 微睡みを感じてる 貴方が話した事が全部 私の全て」

 

 

白ゆき / 初音ミクオリジナル

大百科

  • ナブナ(2012~)
  • ロマンチックで気取っていて、危うい。でもそれ以上にクるものがある。
  • 機嫌のまま色や様子を変える夏の空、という印象の方の冬曲で驚きました。
  • 騙し絵のようなPVの仕組み、美しさは必見。鳥肌が立ちます。
  • 「全てが虚しくなって 紙切れを空に放って 毒水を口に含んだ 貴方のことを思い出した。」

 

 

被写体 / 滲音かこい

大百科

  • かりく(2013~)
  • ボーカルは、UTAUの滲音かこい。陽だまりに包まれるポストロック。
  • 胸が震える。日常の一場面を切り取る。映画のエンドロールのよう。
  • 「変わらない毎日だけど それがまた愛おしい 君はまたいつものように 夢の中へ」

 

 

 以上10曲でした。

 

投稿者さんのお名前については敬称略で失礼します。

また、イラスト、動画、楽器等複数名いらっしゃる場合は、作曲の方のみの記載とさせていただいていますが御了承願います。

(あまりにたくさんの方の合作がある事情です…!すみません…!)

 

それでは、ここまでお読みくださってありがとうございました。

 

ボカロは…ボカロは楽しいぞ!